スタッフブログ

Brooklyn vintage スタイル 『ブルックリンヴィンテージ スタイル』

2018-03-10 Sat

スタッフブログ

みなさん おはようございます!こんにちは!こんばんわ!

林 拓摩 です

私は、パリスタイルも好きですが、ニューヨークブルックリンも好きです

パリに訪れた時と同じくらいの感動がニューヨークを訪れた時に沸いてきたのを思い出します。

それは、町全体が醸し出す雰囲気、パリと同じでどこを見てもアートがあふれていました。今回はそんなブルックリンに焦点を当てました!

ニューヨーク市ブルックリン

ブルックリン(Brooklyn)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市5区の一つで、ロングアイランド島南西部に位置しています。1636年にオランダ移民が入植して開発が始まり、1834年にブルックリン市となりました。マンハッタンとは19世紀後半に完成したブルックリン橋や地下鉄で結ばれており、1898年にニューヨーク市に統合されました。

bk1

ブルックリンの昔と今

20世紀には貧困層が多く住む、治安の悪い地区というイメージでしたが、21世紀以降、トレンドに敏感なヒップスターと呼ばれる若者たちがマンハッタンに近くて家賃の安いウィリアムズパーク地区に移り住み始め、注目されるエリアとなりました。おしゃれなカフェやショップもオープンし、今やニューヨーカーが一番住みたい街へと変貌しています。また、近年は年俸100万ドルを超えるマンハッタンのヤッピー(Yuppie=Youngp+Urban+Professional:ウォール街の若手エリートサラリーマン)たちも進出し、ブルックリンの一部地域は高級賃貸地区になりつつあります。

 

bk2

ブルックリンスタイル

古い倉庫や、タウンハウス(長屋)をリノベーションしたブルックリンの住宅は、内と外とのギャップが大きく、感度の高いニューヨーカーたちはそこで、好みのインテリアに囲まれて個性豊かに暮らしています。彼らのインテリアや生活スタイルは、「ブルックリンスタイル」と呼ばれて近年人気です。20世紀のアメリカを代表する建築家、フィリップ・ジョンソンが設計したタウンハウス「ロックフェラーゲストハウス」も、ニューヨークのビル群に囲まれた狭小住宅ながら、内部には水を配した中庭があって、鯉が泳ぐという別世界が広がる住まいで、ブルックリンスタイルに通じるものがあります。

bk4

巨匠 フィリップジョンソン設計 1950年竣工 間もなく竣工から70年

ブルックリンスタイルの注文住宅

ブルックリンスタイルの注文住宅は、木や鉄などの素材感を生かしたナチュラルなインテリアが魅力です。随所に黒を効かせた明度の低い色使いはどこか男性的で、柔らかさに欠ける印象は否めませんが、文句なしにカッコいい家であることもまた、多くの女性が認めるところでしょう。せっかくの新築をわざわざ古い家のように装飾して醸し出すヴィンテージ感は、心から落ち着ける空間を演出するための重要なポイントです。ブルックリンスタイルの住宅は、大人の遊び心を刺激するこだわりの空間であり、ブルックリンを愛するニューヨークのアーティストたちのように、自分らしい暮らしを謳歌したいご家族に最適な住宅です。

bk5

bk6

共通して言えるのは 自分らしく私らしく好きなものに囲まれた暮らし

家創りは、わがままで良い。

PAGETOP