拓穂のこだわり Takuho Family

日本の住宅事情

世界一短命といわれる日本の住宅寿命

「イギリスの141年を筆頭にアメリカ103年、フランス86年、ドイツ79年と続き、日本は30年.…。これは先進5カ国の住宅の既存総数を年間新設住宅戸数で割って求めた住宅寿命(更新周期)の指標だ。世界一の長寿国だが住宅は世界一短命か。」 ? 日経アーキテクチュアより ?

01 世界的に比較してもかなり高額な住宅である。0210年後には建物の不動産評価はほとんどゼロになる。 03子供が成長期に入ると、ローンと教育費の負担がかさんでしまう。0430年後ローンが終わったら、家の寿命も終わってしまった。悠々自適の老後のはずが、古くなった家の建て直しか、大規模なリフォームなどでまた家の為の出費に悩まされる。

なぜ日本の住宅寿命が、世界一短命なのでしょうか?
台風や地震、高温多湿等の自然環境や、粗悪な施工によることも大きな原因とは思いますが、もっと大きな原因は、一生に一度の高額な住まいを、車や家電製品と同じレベルで安易に買うという考え方が原因なのではと思います。

次の世代へつながる住まいを

 思い入れの強い住まいを、愛着を持って住んでいただくこと。そして次の世代へつなげて行くこと。そんな永く暮らせる住まい創りが拓穂工務店の目指すところです。例えばイギリスなどでは100年、200年なかには400年の家も売り出されていて、新築住宅よりも高い場合もあるというから驚きです。古くて汚い家ではなく、古くなって良さがでる家を、私たちは創っていかなければならないと思うのです。そうすれば私達の次の世代、またその次の世代の子供達は、先祖のおかげでゆとりのある生活をエンジョイできるのです。何代にも伝えて住める住まい、それがロングライフ住宅です。

ロングライフ住宅(長期優良住宅)とは?

住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を少なくするとともに、建替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的として、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(2009年(平成21年)6月4日施工)が制定されました。
※この法律はエントリー制度です。拓穂工務店としてエントリー受付完了済。

長期優良住宅の認定基準(概要)

性能項目 条文 要件 相当する等級
(品確法)
劣化対策 ・法第2条第4項第1号イ
・規則第1条第1項
●数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。
・床下及び小屋裏空間ごとに点検口を設置
・床下空間の有効高さを330mm以上とする
劣化対策
等級3相当
耐震性 ・法第2条第4項第1号ロ
・規則第1条第2項
●極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。※構造計算書必要
・大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置を講じる。
〔地震に対する耐力による場合〕
・建築基準法レベルの1.25倍の地震力に対して倒壊しないこと。
耐震
等級2相当
維持管理
更新の容易性
・法第2条第4項第3号
・規則第1条第4項
●構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。 維持管理対策
等級3相当
省エネルギー性 ・法第2条第4項第4号・規則第1条第5項第2号 ●必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。
・省エネ法に規定する省エネルギー基準(次世代省エネルギー基準)に適合すること。
省エネルギー
対策等級4相当
居住環境 ・法律第6条第1項第3号 ●良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。  
住戸面積 ・法第6条第1項第2号
・規則第4条第1号
●良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。
〔戸建て住宅〕
・75m2以上(2人世帯の一般型誘導居住面積水準)
 
維持保全計画 ・法第6条第1項第4号イ
・規則第5条
●建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。
・維持保全計画に記載すべき項目については、
(1)構造耐力上主要な部分
(2)雨水の浸入を防止する部分
(3)給水・排水の設備
について、点検の時期・内容を定めること。
・少なくとも10年ごとに点検を実施すること。

拓穂の建築工法について

木の持つぬくもりはコンクリートや鉄にはない大きな特徴で、住む人にやすらぎや心地よさをもたらしてくれます。木材に加工してから200~300年後に最も強度が増し、1000年後に元の強さに戻る特性をもっています。法隆寺は1300年前に建てられ今なお現存しています。地震に対しても、けっして弱いということはありません。阪神大震災でも最近の建築基準で建てられた家は大きく被害を受けていませんでした。軽くて強く日本の文化に根をおろした木造はこれからも進化し続けていくでしょう。

木造軸組工法(在来工法)

木造軸組工法(在来工法)

■軸組とは
土台・柱・梁・桁・筋交などで構成されている骨組みです。
■特徴
■特徴 日本の伝統的な工法であり、戸建住宅のシェアは70%を越えています。拓穂工務店の在来工法は2×4の工法も取り入れ、外壁に構造用合板を貼ってより一層強度をアップしています。柱は国産桧材を使用しています。

ツーバイフォー(2×4)工法(木造壁組工法)

ツーバイフォー(2×4)工法(木造壁組工法)

■2×4とは
2インチ×4インチの断面を有する木材を主とし、釘打ち工法によって、壁全体で支える構造です。
■特徴
壁全体で上部構造を支えています。在来工法と異なりコモンネイル(CN釘)を使用しています。構造材はSPFと呼ばれている木材が主流です。

拓穂の基礎と土台について

ベタ写真

拓穂工務店の基礎は、ベタ基礎を採用しております。
ベタ基礎とは、簡単に言うと建物の下部全てを基礎にするという事です。軟弱な地盤でも住まいをしっかり支える事ができる基礎です。

鉄筋写真

鉄筋は基礎の中に組んであります。規定よりも太いものを使用し、規定よりも間隔を狭く組んでおります。(13mmの鉄筋を200mm間隔で施工)

土台写真

土台に関しても規定よりも太い土台を採用しております。材料は米ヒバ材を使用しています。米ヒバは素材自体が天然成分のヒノキチオールやフェノール化合物を多く含んでおり、白蟻・カビを寄せ付けず、防腐効果も非常に高いといえます。
太さは 在来工法で12cm角 ツーバイフォー工法で10.5cm角です。

PAGETOP