プランニングへのこだわり

家族の絆を創るプランニング

Planning 住まい創りの最初のステップはプランニングです。 お客様が一番頭を悩ませ、私たちも頭をひねるところです。ですが、同時にとても楽しい作業でもあります。何を優先させ、何を譲るか。それらを見定め、限られたスペースと予算の中で、 家族のライフスタイル、生活環境に一番適したプランを創りあげる。このプランニングこそが、快適な住まいを創るキーポイントとなります。

ご家族の絆を最優先に

拓穂の住まい創りは、気密性・断熱性に優れています。わたしたちはその利点を最大限に生かしたプランニングを提案します。たとえば、階段は従来のように廊下の先や、玄関わきに設けるのではなく、リビングから続く階段をプランします。そうする事によって玄関から廊下をとらずにLDに入っていくことができ、その分LDを広くとれます。

子供達が外から帰ってきたときなどは、まずリビングへ入ってくることになります。私たちは、家族が帰ってきた子供達の様子・状況を把握できる点でも大切なことだと考えます。

そんな、家族みんながどこに行くにもリビングを通って動いているというまさにLDを中心にしたプランニング、家族の絆、コミュニケーション、 ふれあいを最優先したプランニングを提案しています。

家事・収納・子育てがしやすい住まい造り

拓穂工務店では、これまでに800人以上の奥様の意見を集め、本当に家事・収納・子育てがしやすい家創りを考えています。家を建てることが目的ではなく、暮らしをステキにすることが目的でありたいと思っているからこその家創りです。

優れた建物だからこそできるプランニング

拓穂工務店の魅力的なプランニングを可能にするのは、 気密性・断熱性に優れた建築工法です。
従来の日本の建物工法では、階段をリビングに設置すると冬の寒さが際立ち、夏のクーラーも効きづらく、考えもつかないことでした。その欠点を補い・良さを残しつつ、在来工法でも気密性・高断熱な健康注文住宅を実現させる為に、拓穂はこだわりをもって施工しています。

2×4工法・在来工法どちらも長所・欠点があるわけですが、
どちらの工法でご注文戴いても、高気密・高断熱に優れ2世代、3世代にわたって住みつがれてゆく建物をご提供できる自信を持っています。そういう施工・構造への自信をもっているからこそ、ご家族の絆、コミュニケーションやふれあいを第1に考えたプランニングをおすすめできるのです。

プランニング例

Planing Example 01 間取り例 01

1Fにはろう下がなく、その分LDKを広くとることができます。和室は、リビングとつなげて開放的な空間にも、来客用等の個室としても使えます。
間取り例1

Planing Example 02 間取り例 02

2世帯
それぞれ独立した玄関も、離れた位置にプランすることでお互いの来客等に神経を使わなくてすむよう配慮しています。互いのホール内に扉を設け、2世帯が行き来できるようプランされています。1Fと2Fで完全分離されていても、家族のつながりを感じられます。
間取り例1

Planing Example 03 間取り例 03

3階建て
狭小地の3階建てで、2階にLDKを設けたプランです。リビングには吹抜けを設けて、狭小地とは思えない解放感でくつろぐことができます。
間取り例1

PAGETOP