東海地方は、全国でもまれにみる 寒暖差の激しいエリアです。
夏の最高気温は32度 冬の最低気温は0度です。
この全国で稀に見る寒暖差が家にもたらす影響はずばり、不快さです 人が不快と感じる代表的な要素は

1 高い湿度でムシムシする
2 カビなどの鼻をつく嫌な臭い
3 よどんだ空気

です

この1~3を感じない家は 快適に健康的に暮らして頂けます。
更に呼吸する素材を出来る限り使用することで末永く健康的に快適に暮らして頂けます。
そして窓は、必ずペアガラスを使用し樹脂性の窓を使っているかどうかも確認してください。
よく樹脂窓と言って 室内は、樹脂だけど外はアルミという窓をよく見かけます、
室内も室外も樹脂製の窓を使用している窓が本当の樹脂窓です。

工事中であっても現場監督や職人さんが丁寧に対応してくれる

建築会社を選ぶポイントで、価格以上に 『接客対応』、『提案内容』が重要視されています。
ずぅーと住むお家だから、当然『欠陥や手抜き』などあってはいけません。
そういった面では、工事中の現場で職人さんや監督さんが
丁寧に対応してくれるかどうかはとても大切です。
現場がOPENであることは、その建築会社の自信の表れに繋がって行きます
そして、現場での仕事を見せれる職人さんも腕に自信があるということが言えます。
そして、その中で見てもらうポイントとして
現場が綺麗かどうか、職人さんや現場監督の対応が丁寧かどうかです
こちらは、後悔しない家を創る為にとても重要になります。