「住宅ローンって結局いくら借りられるの?」

前回借入れのことについて書かさせていただきましたが、
よく相談を受けるのが、いくら借りられますか?と質問を受けることが結構あります

実際いくら借りれるかではなく、いくらなら返せるのかという考え方のほうが安全なのですが
どれぐらいの支払いを皆さんされていますかと聞かれる方も見えます。
これも個人差があるので、他の人がいくら返しているのかは参考程度かなとも感じてしまいます。
でも、漠然としすぎている方も多く、そのような質問を受けることも多々あります…

自分で計算する方法は?

ご自身で考えてみるならば、
お給料(年収)が500万円だったとしましょう
でも実際受け取るお金(手取り)は税金等々引かれ、7割近くまでになります。

500万×0.7 で 350万円 ということは月の手取りは 350万÷12 で 約29万

今賃貸に住んでいるなら、
そこから家賃、水道代、電気代、ガス代、食費、携帯電話代、医療費、他、お小遣いも合わせ…

どうでしょう、仮に手取りの3割を家賃で考えると8~9万円くらいの方が多いのではないでしょうか

実際に借り入れできる送信金の出し方

共働きの家庭もあるので、実際の収支は人それぞれかもしれませんが、

簡単に考えるなら、家賃プラスアルファで考えると、無理ないかもしれませんね

仮に月々10万払うとしたなら、

住宅ローン 金利(変動)0.6% 期間35年で 3800万円 ほどの借り入れが可能です。

預貯金がある方なら、3800万円+○○万円 が資金計画の総資金になります。

例えば…

住宅ローン 金利(変動)0.6% 期間35年で

月々8万円の返済だと → 3000万円ほどの借り入れ
月々12万円の返済だと → 4600万円ほどの借り入れ
月々14万円の返済だと → 5300万円ほどの借り入れに

建てた後も楽しく暮らせるように余裕を持った住宅ローンを組みましょう!

たくさん借りても、家計を圧迫するような計画はお勧めしたくありません、ご自身たちが

月々いくらなら無理ない支払いなのか考えてみてはいかがでしょうか

前回、タイミングは人それぞれだともお伝えしましたが、
持ち家をお考えで、廻りの環境に左右されないのであれば、早いほうが得かもしれませんね。

賃貸に住んでいるならなおさら。10万円近い家賃が必要ですが、自分のものにはなりません。

これから家族にかかるお金や、生活にかかるお金を予測できるうちに、
しっかりと計画を考えてくれる相談相手を見つけましょう

余談(体験談)ですが
若いからたくさん借りても、頑張って働けば大丈夫だよ!」なんて言う人に任せないでくださいね

お家作りコラムでは、増税後のお家作りをサポートする「住宅エコポイント」についても紹介しております。
詳しくはこちら

また、お家作りの相談・セミナー「家ゼミ」も随時承っております。
お気軽にご相談ください♪

「家ゼミ」の詳細・予約はこちら

『幸福実感日本一』を目指す「三重県」

三重県は近畿地方に位置する県です。
伊勢湾や熊野灘など海に面していることから漁業が盛んなエリアがあったり、
同じ海岸沿いでも四日市市には石油化学コンビナートが立地し、国内でも屈指の工業地帯が広がっています。

三重県のHPでは「ええとこやんか三重」というサイト内で「移住セミナー」や「移住体験談」などが掲載されていたりと、初めて三重県に移住する人向けのイベントも開催されています。
(三重県民方向けの「名古屋移住セミナー」もあるようです。)

観光で有名な「三重県」ですが、実際に三重県に住んでいる方々の生活風景や、どのエリアが住みやすいか知る機会はあまりないですよね。

今回は、三重県の「住みやすいエリア」をTOP3からご紹介していきます。

岐阜県人気土地TOP3:三重県最大の人口を誇る「伊勢市」

「日本人の心のふるさと」伊勢市ってどんな地域?

毎年各地から観光規約が訪れることもあり、鉄道路線は「JR参宮線」と「近鉄山田線」、「鳥羽線」が通り、県の北部からつながる「国道23号線」や「伊勢自動車道」も伊勢まで走っています。

特に伊勢市駅周辺には、コンビニが多くあり、5分ほど車で移動すれば、ショッピングモールへも病院へもレストランへも洋服屋など生活に必要なお店に行くのにアクセスが便利です。

子育てのしやすさは?

保育施設は、公立11箇所、私立で16箇所(小規模保育事業所:14箇所)あります。認定こども園は公立で1箇所、私立で8箇所です。

伊勢市各地の子育て支援センターや保育園などでは交流の場を設け、子育て支援やサークル支援を行っています。
また、児童館や放課後児童クラブも設置されているため、働くパパやママにも安心です。

おすすめのスポットは?

古くから「お伊勢さん」「日本人の心のふるさと」と呼び親しまれてきた「伊勢神宮」や、「おかげ横丁」があり、
「伊勢の台所(だいどこ)」と呼ばれていただけあって美味しい食材と豊かな自然と恵まれています。

岐阜県人気土地TOP2:三重県最大の人口を誇る「四日市市」

パパの子育てに前向きな街!四日市市ってどんな地域?

三重県の北部に位置しており、県の北部では中心都市として機能しています。国からは施行時特例市と保健所政令市の指定を受けています。

子育てのしやすさは?

保育施設は、公立23箇所、私立で33箇所(小規模保育事業所:14箇所)あります。
保護者の勤務時間の都合などで18時以降も保育が必要な場合に、19時までの延長保育を行います。

育児学級や育児相談など、さまざまな支援があります。
「父親の子育てサークル」や、父親目線の相談業務である「よかパパ相談」など「父親の子育て」に対するサポートが手厚いのが特徴です。

おすすめのスポットは?

工場夜景が「日本夜景遺産」にも認定されている「展望展示室 うみてらす14」や
東海地方最大級の温泉スポット「ユーユーカイカン」、「四日市市ふれあい牧場」など家族みんなで楽しめるスポットがいっぱいです。

岐阜県人気土地TOP1:三重県の中心部!世界一短い市名「津市」

子育て支援も充実!津市ってどんな地域?

津市は三重県の県庁所在地であり、三重県の中心といえる市です。
海岸沿いのエリアを南北に近鉄名古屋線が通り、名古屋までは乗り換えなしでアクセスできたり、
「津市は車社会だ」と言われているだけあり「中部国際空港」など、岐阜県内はもちろん、他県までの交通網がしっかりしているので、
車でお出かけする方には利便性の高い住みやすい街だと思います。

また、市街地を少し離れると田畑が広がり、内陸部には豊かな山地が広がっており、自然も同時に楽しめる環境です。

ただ、「静かで落ち着いた雰囲気のある街」が故に、エリアによっては家の周囲にお店が少なく
生活必需品を取り揃えるのが不便な場合があるので、土地探しの際には注意が必要です。

子育てのしやすさは?

保育施設は、保育園が公立が23箇所、市立で22箇所、認定こども園(幼保連携型)が公立で4箇所、私立が15箇所あります。
開所時間は7:30~18:00。利用料金はかかりますが、延長保育は19:00までなら可能です。

子供の医療費が中学卒業まで無料であったり、出産した人に記念樹を贈呈したりと力を入れているようです。
さらに、津市では妊娠中から産後までの支援として「マタニティ倶楽部」があり、さまざまな教室が開催されています。
また、身近に頼れる人がいないママのための「産後ケア事業」も充実しているのが特徴です。
市内には屋内の交流プラザと屋外の芝生広場を備えた「げいのうわんぱーく」という施設が2015年4月にオープンしました。

おすすめスポットは?

温泉や果実狩り、ヨットハーバーに海水浴場まで家族で楽しめるレジャーや観光スポットがいっぱいです。枕草子にもうたわれた名湯・「榊原温泉」で日頃の疲れを癒やすなど「歴史を感じながら休日の家族との時間を楽しむことができる。」と評判が高いエリアです。

三重県の人気土地No1は「津市」!いかがですか?

交通の利便性もあり、県外に行かずとも家族みんなで楽しめる環境が備わっている「津市」なら
たくさん楽しい思い出を創りながら子供の成長をしっかり感じとりながら楽しめそうです。

三重県でお家づくりをお考えの方は是非参考にしてみてくださいね。

拓穂工務店では、お家づくり相談会を随時開催中!
お土地探しや家創りについての不安や疑問点をお客様と共に解決していきます。
是非お気軽にご相談ください!

コラムも5回目。今回でいったん終わりになります。
家を建てようと思ってみても、何から始めればいいの?何が正しいの?
保証は会社によって違うの?それとも、義務化?色々情報がありすぎて、わからなくなってしまう事もたくさんあると思います。
一つ一つ疑問に感じた事などを解決してくれる安心できる工務店を見つけていただきたいと
思っております。
拓穂工務店のコラムもどなたかのお役に立てたらと思っております。

「防水・構造躯体保証」

前回に引き続き保証ってなんだろう?という事ですが、
「防水・構造躯体保証」って大切ですよね。

見えないところだからこそ安心できる保証を選びたいですよね!

防水保証に関しては、「防水工事保証制度」というものがあり、建築建物の防水工事をした場合は、「元請けの会社」と「防水工事を施工した会社」と「防水層の材料メーカー」の3社が保証するようになっている、というものです。防水工事にも、色々な方法があり、耐用年数なども違うので、保証は大切ですが、どのような工法で防水工事が行われているのかも知識として大切だと思います。

そして、構造躯体ですが、「品確法」によって義務づけられた10年間の瑕疵担保期間があります。10年以降各社どこまで保証するのかはそれぞれです。年数だけで判断するのではなく、
きちんと年数に対して、どこまで保証してくれるのか。無償は基本的に瑕疵保険の10年間になります。保証されているから安心!ではなく、どこまで無償か、有償はどんな時か細かいようですが、いざとなったときの為に安心を得るためには大切な知識だと思います。

「シロアリ保証」

次に「シロアリ保証」についてです。
大切なお家がシロアリで被害にあったら大変ですよね。
大切なお家を守るためにもシロアリ保証の期間など大切になってくると思います。
シロアリ保証には、5年と10年があります。シロアリの業者によって保証制度、保証期間など異なりますので、契約前にきちんとどの業者が入るのか、保証期間は?保証内容は?もしシロアリ再発したらどこに相談したらいいのか?など確認することをお勧め致します。
シロアリは再発することも0%ではありません。もしも・・・・の為に、納得のいく保証期間や保証内容でご契約を結ぶ事をおすすめ致します。

まとめ

家は、完成したら終わりではなく、住んでからが本当の付き合いのはじまりでもあります。
定期点検やちょっと不具合など気軽になんでも相談できる会社との信頼関係こそ今後の自分たちにとっても強みになると思います。
会社が長く存続していくのは、完成後のお客様との繋がりや信頼関係があるからこそです。
信頼できる会社を選ぶ事によって、不安な事やわからない事を相談し、信頼関係を気づいていけるのが、家を建てるだけではなく、人と人とのつながりだと思っております。

自分たちの納得のいく安心して任せられる長く付き合っていける環境がある会社を選ぶ事が
大切です。

「お気に入りのタイルが決まりました!」
「ベストな照明も見つかりました!」
「その部屋に合ったカーテンも選びました!」

やっと決まった!!と一安心。
と思う前に、あと一息こだわるべきポイントがあります。
モノ選びの次にこだわるべきポイント。

むしろそこが大事かもしれません。

貼り方

例えばこちらのサブウェイタイル。
タイル選びの時は、かっこいい雰囲気にしたい場合は、大き目で直線的なものを選んだり、少しやわらかい雰囲気にしたい場合は、小ぶりで手づくり感のあるものや、施釉された色むらのあるものを選んだりします。

それと一緒に考えるべきポイントはタイルの「貼り方」です。
目地を通して貼ったり、レンガ貼りにしたり、斜めに貼ってみたり。

同じタイルでも全く違う表情になる「貼り方」は大事なポイントです!
フロアや板貼りでも同じことが言えます。

全体の雰囲気とバランスを見て決めることが1番大切です!

「付け方」「重ね方」

こちらの照明器具。
取り付ける高さを変えてみたり、流木にぐるぐる巻きつけてみたり。
ただ付けるのではなく、少しアイデアをプラスして取り付けてみるとこだわった感が出て見ごたえあるインテリアに仕上がります。

そしてカーテン。
カーテンはファブリックなので特にアイデア次第でどうにでもなります!

同じ生地でも吊り方を変えるだけで全然違った雰囲気になりますし、長さを変えるだけでも違います。

またレースをフロントに持ってきたり、リボンをうまく使ってみたり、白黒のオーニング風のカーテンを作ってみたり。

モノ選びプラス、そのモノが1番しっくりくる使い方や組み合わせを探ることとアイデアをプラスすることがおしゃれなインテリアをつくるポイントになります!

ぜひ楽しみながらベストを見つけて欲しいと思います!

※TAKUHO工務店のモデルハウスには、今回ご紹介した「貼り方」「付け方」「重ね方」のアイデアがたくさん詰め込まれています!実際にご見学いただきながら、ベストな「使い方」について一緒に考えてみませんか。

資金計画、諸費用、見ておかなければいけない経費と続けてきましたが、実際に借り入れを
する場合のことについて、今回書かさせていただきます。

お金の借り方は大きく分けて3種類!自分に合った借り方とは?

借り方は一般的に3種類あげることができます
固定金利、期間選択型固定金利、変動金利 の3つです。

固定金利
借入期間の全期間、金利が変わらない借り方
(住宅支援機構フラット35などが有名です)
期間選択型固定金利
一定の期間を約束して金利を固定する借り方
(3年固定、5年固定、10年固定など金融機関で商品設定がなされています)
変動金利
金利が常に変わる借り方で経済状況に左右される借り方です

なぜ金利が上がったり下がったりするの?

なぜ金利が上がったり下がったりするのと疑問に思われた方、経済状況?と思われた方
お金を借りる側は安いほうがいい、反対に貸す側は高いほうが儲かりますよね。
でも高く貸して返してもらえなくなってしまっては困りますし、安く貸し過ぎてしまえば金融機関が損をしてしまいます。
景気が良くないと、買い物しませんよね。無駄な出費は控えるので、経済状況がさらに良くない方向へ行ってしまいます。だから金利を低くしても買ってもらおうとしているわけです。

逆に 景気が良くなれば給料も上がるし、返せるお金もたくさんになります。金融機関も無理に低く貸す必要がなくなります。

借りる側、貸す側のバランスが保てるように金利の設定がなされているわけです。(国自体が経済破綻しないようにコントロールしています)
ここ何年も低金利の時代! 買うなら今! とよく耳にするかもしれませんが、金利が低いということは景気、経済状況が良くないということでもあります…
(景気回復すると経済状況もよくなり金利も上がります)

長期間金利を固定する貸方の金利が高いのは、景気が良くなった時に金融機関が損をしないように固定期間が長ければ長いほどリスクを避けるために高い金利設定をしています。
反対に変動金利は経済状況により常に金利が変わるので金融機関側のリスクは少なく、金利も低く設定できるのです。

金って借り入れにどれだけ影響してくるの?

一番景気の景気の良かった時代の金利は8%と言われ、今の金利は1%を下回っているような状況です。
8%と1%、たいして差がないと思った方、大きな間違いです!

金利1%で3500万円、35年の住宅ローンを組んだ場合

月々の支払い: 98,799円 総支払額:41,495,580円 (金利分6,495,580円)
(えっ、金利分で650万も多く支払うの?とお思いかもしれませんが…)

金利8%で3500万円、35年の住宅ローンだった場合

月々の支払いは 248,591円 総支払額104,408,220円 (金利分69,408,220円)
(桁が違います、3倍近く返さなければいけないことになります)

あくまで景気が良かった時代、でも返せていた時代でもありますが…
いろいろお金の話をしてきましたが、金利には注意をしなければいけません。
細かな計算をしてきても、金利が上がるだけで総支払額や月々の支払も大きく変わってしまいます。
少し上がったくらいなら平気と考えた方 参考に金利が2%になったとき、先ほどの条件と同じで計算してみると…

金利2%で3500万円、35年の住宅ローンだった場合

月々の支払いは 115,941円 総支払額48,695,220円 (金利分13,695,220円)
(1%の時に比べ、金利分だけも倍近くになってしまいした、月々の支払いも1.17倍…)

金利が低い時を狙って「自分らしいお家」を建てよう!

いつどんな状況になるか、先の話は誰も読めません、約束することもできません。
また大きな買い物、いつ買うかは、各々タイミングもありますし、周囲の環境、周りの状況によっても左右されることが多いかと思います。
でも、いつかは持ちたいと漠然と考えてる方は、進める、進めない、どちらにしろ一度計画を立ててみてはいかがでしょうか。
様々な不安や、疑問、問題も進めてみて解決することもあると思いますし、契約書にサインをする前なら、後戻りもできます。
また重要なのは、相談相手を選ぶということ。
セールストークなど、買ってほしい側にリードされるのではなく、あなたのことを一番い考えてくれる相手を見つけることではないでしょうか

「自分が好きなものははっきりしているけど組み合わせ方がわからない」
「好きなものが色々ありすぎて結局どの方向性でまとめていけばいいのかわからない」

新築を建てられる方やリノベをご検討中の方、またはお家の模様替えを考え始めた方。
こんなお悩みをお持ちの方、割と多いのではないでしょうか。

そんな方にオススメ!

異なるテイストのインテリアをMIX させて楽しむ「エクレクティックスタイル」。

エクレクティックスタイルとは?

MODERN×INDUSTRIAL
モノトーンで統一されたモダンスタイルに、照明器具やインテリアパーツはインダストリアルなデザインのものをMIX。

素材は自然素材で統一。照明や家具はヴィンテージテイストな1点ものをMIX。
ナチュラル×ヴィンテージMIXの施工例。

1 つのテイストでまとめるよりも難易度は高めですが、
完成したときの特別感と満足感はとても高いです!

イメージ的には、1 つのテイストで統一された空間よりも「抜け」や「外し」のあるスタイルです。
そこに教科書通りではない自分らしさがにじみ出て、特別感満足感おしゃれ感が上がります!
ただテイストMIX させる分、どこかで統一感がないと
ただただごちゃついた空間になってしまいます。
ポイントはどこかに統一感を持たせることです。
色であったり、素材感であったり、サイズ感であったり。
エクレクティックスタイルで「自分らしい暮らし」を叶えましょう!

こちらのコラムも第4回目になりました。
保証や制度などを勉強し、わからない事はたくさん質問して、時にはうまく活用して、賢く自分たちにあったお家を建てられたらいいなと思います。
今回は、「地盤保証」についてお伝えします。

地盤保証制度っていったい何?

地盤に発生したトラブルによって住宅に損害が発生した場合に、その対象となる建物や地盤の修復費用を保証してくれる制度です。

地盤で発生するトラブルとしては、「不同沈下」があげられます。

「不同沈下」とは
地盤が建物の重さを支えることができずに、建物が不均等に沈下していく現象のこと

万が一、この状況になってしまった場合に、地盤保証制度を利用して、住宅を原状回復しなければなりません。

また、この地盤保証を受けるにあたっての注意しなければならない点があります。

地盤保証制度の気を付けるポイントは?

その1
入っている保証内容によって、保証期間は変わってきます。10年なのか、20年なのか・・・
その2
事故が万が一起こってしまった場合は、支払限度額は、5,000万円までなのか・・・
その3
保障期間は、いつからなのか、引渡の日から20年なのか、基礎着工日から20年なのか・・・
その4
免責はあるのか、ないのか・・・

保証内容を契約前にきちんと理解して、不安な事なく契約をする事が大切だと思います。

地盤保証制度を利用しています!と一言でいっても、保証期間や、支払限度額、保証内容は、
保証会社によって異なります。
少しインターネットなどで調べてみるだけでも、たくさん出てきます。
中には、必要以上な過剰な保証や契約になってしまっている、そのため高額な保険料を支払ってしまっている事も・・・・
契約後に、改めて保証内容を聞いてみると・・・「しまった!」なんてことがあっては、大変なので、色々な方面からのリスクを考えた自分の納得いく保証だと安心できますよね。

自分たちの大切な家を守る為に、知っていただきたい知識や知っておかないと損する情報などをこちらのコラムで伝えていけたらと思います。
次回は、「防水・構造躯体保証」についてになります。

(前回のコラム記事はこちら!

自分たちに合った土地の大きさってどのくらいだろう?

夫婦で暮らす家、お子様が増えて大人数で暮らす家、2世帯…

家族の人数に合わせた、一番住みやすいお家の大きさってどれくらいなんだろう?

どれくらいのお家をみんな建てているんだろう?

今回は「家族構成に合わせた家・土地の大きさ」についてご紹介致します。

全国の平均床面積は平均は約35~40坪
自分の家族に合わせたお家の大きさは?

都道府県別で全国の平均床面積は128.2㎡(38.7坪)。愛知県は132.7㎡(40.1坪)という結果が出ております。(住宅金融支援機構:2017年度フラット35利用者調査)

ただ、ひと口に坪数といっても、「延べ床面積」と「敷地面積」のどちらでみるかによって意味合いが変わってきます。

延べ床面積:法規上室内とみなされる床面積の広さの合計(家全体の床の面積を合算します。<例>1階+2階=延床面積)

敷地面積:住宅を建てる土地そのものの全体の大きさ。家が実際に建つ場所以外も含む。

40坪程度までの規模の注文住宅であれば延べ床面積でも敷地面積でも家の大きさが大幅に変化することはありません。

計算苦手な方にオススメ!部屋数でわかるお家の坪数の調べ方

一般的に「一戸建の間取りは平均して4LDK~5LDKで建てられています。

4LDKや5LDKでも、総合展示場で見学できるモデルハウスがとても大きく感じる理由は
土地自体が大きく、一部屋ずつの大きさを通常よりも大きくしているからです。

モデルハウスの空間をみて、「すごくいい!」と思っても、
いざ建てた時に「思ってたよりも小さく/狭く感じる…」と感じる人が多いのはそれが原因だったりします。

35~40坪の土地の大きさでも間取りの考え方によって40坪以上に広く感じるお家をつくりあげることが可能です。

TAKUHOのモデルハウス「MAISON de REVE」は延床面積137.18㎡(41.49坪)5LDK でつくられています。

実際の平均的な坪数で建てているので、リアルな大きさであることと、41坪の中で、空間閉鎖をなくしたり、天井高が通常より高かったりと
間取りの考え方を工夫することにより実際の坪数よりも広く感じる空間になっております。

お家の大きさを考える際に是非参考にしてください!(モデルハウスの詳細はこちら)

ちょうどいい大きさのお家で家族が快適に過ごす空間を作るために、最適な土地を探しましよう

家は広すぎても狭すぎても実際に生活してみないとわからない「こうすればよかった!」がたくさん出てきます。

「家族の人数・暮らしに合った広さ」を考えて家を建てると、より一層「暮らしやすい家」に近づきます。

自分達の暮らしに合ったお家を作るにはまず「自分達がどう住みたいか」「間取りで絶対に譲れない部分はなにか」などを家族と話合い、
ある程度自分の中で決まった状態で土地探しを行ったほうが「自分達らしいお家」に一歩近づきます。

「理想の間取り」や、「自分が本当に希望する土地の特徴がわからない…」というお悩みを持たれている方は、
周りのすでにお家を建てている方や、実際のお客様の生活が建てた後に快適に過ごせるように、
親身になって相談してくれる営業の方のお話を聞いて、「自分達らしいお家づくりを目指しましょう!」

増税後にお家づくりをはじめるなら「次世代住宅エコポイント」の利用がお得!

2019年10月の消費税率が10%に引き上げが始まります。

そこで、

2019年4月から2020年の3月末まで、増税後の注文住宅の新築やリフォーム工事に「次世代住宅エコポイント制度」が適応されます!
(※予算がなくなると終了する制度になります)

「エコポイントって何?」「どんな工事が対象なの?」「次世代住宅エコポイント」と名前だけ聞いてもピンと来ない方も多いと思います。

今回は「次世代住宅エコポイント」について詳しくご紹介致します。

「次世代住宅エコポイント」でどんなものがもらえるの?

「次世代エコポイント」を貯めることによっていろんな商品と交換することができます!

商品の種類はお米やお肉などの食べ物から、家具、アウトドア、ファッション関係など、幅広いアイテムが勢揃い!

対象商品は国土交通省のHPで随時更新されます!

そもそも「次世代住宅エコポイント制度」ってなんだろう?

「良質な住宅ストックの形成・住宅投資の喚起・消費税率引上げ前後の需要変動の平準化を図ることを目的とし
税率10%で一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して様々な商品と交換できるポイントを発行する制度」

簡単にまとめると、

「一定の性能を有する新築住宅(分譲や注文住宅)を建てる方、リフォームをする方に対して
様々な商品等と交換可能なポイントが付与される、ちょっとお得な制度」です!!

ポイント発行対象になる工事の時期は??

<用語説明>

インスペクションとは?
物に精通した者(建築士など)が第三者的な立場で、劣化の状況や欠陥の有無などを調べ、修繕や改修、メンテナンスをするべき箇所やそのタイミング、費用の概略などをアドバイスするもの

除却とは?
固定資産を取壊したり、廃棄することをいいます。

どんなお家が制度の対象になるの?

「環境」「安全・安心」「健康長寿・高齢者対応」「子育て支援・働き方改革」

上記4つの項目のなかで、一定の性能を有する住宅を持っている方が対象です。

※戸建て住宅に関しては・所有者が自ら居住する住宅が対象となります。
(貸家は対象外)

どれくらいポイントがもらえるの?

新築
最大35万ポイント
一般の世帯のリフォーム
最大30万ポイント(※「安心R住宅(既存住宅(中古住宅)のマイナスイメージを払拭する ため一定の条件を満たした住宅)」を購入し、リフォームを行う場合は45万ポイント獲得)
若者・子育て世帯が既存住宅を購入したリフォーム
最大60万ポイント

若者世帯: 2018年12月21日時点で40歳未満の世帯
子育て世帯:2018年12月21日時点(または申請時点)で18歳未満のお子様を有する世帯

新築はどんなお家が対象になるの?

「一定の性能を有する住宅」

エコ住宅
断熱等級4または一次エネ等級4を満たす住宅
長持ち住宅
劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2などを満たす住宅
耐震住宅
耐震等級2を満たす住宅または免震建築物
バリアフリー住宅
高齢者等配慮対策等級3を満たす住宅

上記4項目のいずれかの性能に当てはまる場合 300,000ポイント/戸 獲得!

更に性能の高い住宅を取得する場合…50,000ポイント/戸獲得!

・認定長期優良住宅
・ZEH
・認定低酸素建築物
・性能向上計画認定住宅

耐震性のない住宅の建替

・旧耐震基準で建築された住宅を2018年12月21日以降に除却
・新築または分譲住宅を購入

※除却工事の発注者と新築住宅の所有者(ポイント発行申請者)が同一であることが必要
住宅に付属する離れや小屋、納屋等の除却は対象外
除却住宅と新築の敷地は別でも可

「家事負担を軽減する設備を設置した住宅」もポイント付与!

例えば・・・

・ビルトイン食器洗機
・掃除しやすいレンジフード
・ビルトイン自動調理対応コンロ
・掃除しやすいトイレ
・浴室乾燥機
・宅配ボックス

など、日頃の家事が楽になる設備が増えれば増えるほどポイントが加算されていきます!

お客様のご要望お聞きかせいただき、「次世代エコポイント」
の対象になるかなどをお答え致します!
詳細は「住まいのコンシェルジュ」までご相談ください。

リフォームの場合は?

所有者等が施工者に工事を発注(工事請負契約)をして実施するリフォームが対象!
・個人・法人問わず、マンションの管理組合が行うリフォームも対象!
※リフォームの申請に工事前、工事中、工事完了後の写真が必要です

リフォームの対象工事

開口部の断熱改修
内窓の設置・外窓交換・ガラス交換・ドア交換
外壁、屋根、天井または床の断熱改修
バリアフリー改修
手すりの設置・段差解消・廊下幅等の拡張・ホームエレベーターの新設・衝撃緩和畳の設置(4.5畳以上)

家事負担軽減に資する設備の設置
ビルトイン食洗機・掃除しやすいレンジフード・ビルトイン自動調理対応コンロ・浴室乾燥機・掃除しやすいトイレ・宅配BOXなど…
エコ住宅設備の設置
節水型トイレ・高断熱浴槽・節湯水栓・高効率給湯機・太陽熱利用システム
若者・子育て世帯による既存住宅の購入に伴う一定規模以上のリフォーム工事

売買契約締結後3ヶ月以内にリフォーム工事の請負契約を締結すること・100万円以上(税込)のリフォーム・若者・子育て世代が移住することを目的に購入した既存住宅

・その他の対象(耐震改修、リフォーム瑕疵保険への加入、インスペクションの実施) など…

ポイント発行の申請のタイミングは?

TAKUHOでつくる注文住宅やリフォームについては工事完了後、工事完了前どちらでも発行申請は可能です!

基本は住宅の所有者の方が申請を行っていただくのですが、工務店が代理で申請を行うことも可能です。

詳しくはTAKUHOの「住まいのコンシェルジュ」までご相談下さい。
相談会はこちら

「次世代住宅エコポイント」は増税後に新築・リフォームをお考えの方の味方!
いかがですか?

いかがでしたか?
「住みやすさ」のレベルが上がるほど、自分にお得なポイントとして還元されるのが「次世代住宅エコポイント」の仕組み。

薬局などのポイントを集めて商品をゲットする仕組みと同じように、エコポイントの保有数によって、交換できる商品も色々と変わってきます。(※ポイントは現金支給ではございません。

「家族がより住みやすいお家が完成して、更に商品と交換できるポイントまでついてくるなんてお得…!」
素敵な特典ですが、実は、こちらの制度は2020年の3月末まで、または予算がなくなると終了する制度になります。

新しいお家を建てるまたはリフォームしたい!とお考えの方、ポイント付きの今がちょっとお得にお家づくりができるチャンスです!

制度全体の流れや対象となる工事内容など、更に詳しい説明をさせていただく相談会を開催致します。
是非ご来場ください!

詳しくはこちら

前回アフターメンテナンス以外の保証も大切!との事で、色々な保証の種類や保険などをお伝えしましたが、より深く保険や保証の内容や、期間、なぜ加入しなければいけないのか。などを解説していこうと思います。

今回は「住宅瑕疵担保責任保険」です。

「そもそも住宅瑕疵担保責任保険って・・・いったい何?」

「何の為に加入するの?」「加入するタイミングは?」「保証ってどんな保証があるの?」など…まだまだ疑問が多い部分だと思います。

今回はできるだけわかりやすく「住宅瑕疵担保責任保険」について解説していけたらと思います。

01:住宅瑕疵担保責任保険ってなに?

住宅瑕疵(かし)担保責任保険とは、工務店やハウスメーカーなどの事業者が建築した住宅に瑕疵などがあった場合、その補修などの費用を補償してもらえる保険です。
この保険の加入義務化は、2009年10月に履行され事業者は新築工事を供給する場合に各現場で加入しなければなりません。

そもそも【瑕疵】ってどんな意味?
瑕疵(かし)とは、「欠陥」「きず」などを意味します。
あってはなりませんが、構造上の瑕疵となると構造上の欠陥となります。

02:保険の対象となる住宅は?

工法・建て方を問わず全ての新築住宅が対象になります。
新築住宅の概要・・・・「引渡日は建設工事完了の日から1年以内でかつ人の住居に供したことが無いもの」となります。

03:保険の期間は?

一戸建住宅・・・住宅引渡日から10年
賃貸住宅・・・住宅引渡日から10年

分譲住宅・・・住棟内の最初の住戸が引き渡された日を始期として建設工事完了の日から11年経過日を終期とする期間

TAKUHOの住宅保証はこちら!

弊社では、住宅保証機構の「まもりすまい保険」に加入しております。
弊社の安心システムは、こちら(https://takuho.co.jp/first-time/security/)になっております!

住宅は建てるのが終わりではなく、長く家族が笑顔で安心して暮らしていける住まいが大切だと思います。
不安やわからない要素をどんどんなくして、楽しく住まい創りや住まいに興味をもっていただけたらと考えています。

次回は、「地盤保証」について解説していきたいと思います