開催日時

2019年7月1日(月)~31日(水) 10:00~18:00

※水曜は定休日となります

開始場所

名古屋市緑区鳴海町文木82-1

インテリアを楽しみながら梅雨を乗り越える

湿度と自然素材

梅雨の季節。
まだジメジメ、気温も湿度も高い日が続きます。

空気がしっとりしていると、洗濯物も乾きにくかったり、髪もゴワゴワ、体がベトベトしてきたり
外に出るのも億劫になってしまったり、気分も落ち込んでしまいますよね。

天気のいい日よりも湿気の多い今の時期こそ、家の性能の良さがよくわかります。

「部屋で過ごす時間がもっと楽しくなる空間は?」

「湿気を適度に保ち、快適に過ごす空間って?」

「室内の家事もスマートに、家事能率を上げる間取りの特徴は?」

デザインも性能にもこだわった、家族みんなの「夢」が詰まった

「Petit Paris(プチパリ)スタイル」のモデルハウス見学会を開催致します。

名古屋市緑区鳴海町文木82-1

モデルハウス概要

延床:41.96坪
2×6工法
5LDK
3人家族を想定

point01:「古い」と「新しい」を取り入れたインテリアにもこだわる空間

雨が多くなる季節。
外を眺めようとすると必ず目につく窓枠や、カーテン。

毎日過ごす空間のなかに「お気入り」を増やすことによって
お家にいる時間がもっと大好きになります。

インテリアにアンティークのものやモダンなテイストを取り入れることによって、斬新かつ深みのある空間に。

モデルハウスのホームパーツや照明はすべてInterior shop「&-AND-」で取り扱っている商品を使用。

インテリアショップと共につくる、インテリアの細部までこだわった空間をお楽しみ下さい。

見楽会point02:自然素材と共に梅雨を乗り越える

梅雨は湿気が多くなり、空気が普段より重かったり、体調も少しだるく感じたり、変化がみられる人も多いはず。

モデルハウスでは壁は珪藻土と漆喰、床は無垢材を使用しています。

自然素材が余分な湿度を「呼吸」で吸収してくるおかげで、ジメジメしない、足元サラサラの年中快適な空間を実現。

見楽会point03:収納力UP!家事動線もしっかり考えられたストレスフリーな間取り

家を立てる前、建てた後でほしいと思うものランキング1位は「収納」です

お家を建てる前に、収納を増やそう!と思っていた人が建てた後に「収納が思ったよりも少ない…」と感じる方が多いそうです。

階段下や、お部屋の段差などの「デッドスペース」を活用した収納スペースや、家族構成に合わせて計算された収納の考え方がモデルハウスには沢山。

「PetitParis(プチパリ)」のある暮らしって?

TAKUHOブランドデザイン「Petit Paris(プチパリ)」

奥様800人の声を元に
おしゃれなママが家族と暮らしを楽しむ「プチパリスタイル」の家

見学会では、「Petit Paris」の魅力をご紹介致します。