無垢のフローリング、ケイソウ土や漆喰などの自然素材の塗り壁、タイル、石、ファブリック…
「なんかいいな」と思えるインテリアは必ず素材感にあふれています。

無垢の気、ケイソウ土、漆喰、焼き物タイルなどの有機物に無機質なモルタルやアイアン、真鍮、琺瑯、ガラスをMIX。
素材感にあふれていると、たくさんの色を使わなくても質感に変化が出て、奥行きを感じる空間に仕上がります。

洋服のコーディネートでもそうですよね。
白や黒などのワントーンコーデの時、ニットに皮を合わせたり、靴やアクセサリーでツヤ感をプラスしたり
異素材MIXすることでワントーンでも質感に変化が出ておしゃれ感が増します。

色味を絞って質感を引き立たせた明るいLD

有機質×無機質MIXでかわいすぎない玄関

テイストは全然違う2つのキッチン。
共通点は素材感にあふれてるところ。

お客様とのお打合せ中、無意識にこの質感の話がたくさん出ている気がします。
ツヤ感、マットな感じ、ざっくり感、シャリシャリした感じ…笑
気づくと擬音だらけの会話になっていて、特にご主人の表情が途中から「?」になっている…ことも少なくありません。笑

そしてTAKUHO工務店のお家でよく使用する自然素材は、健康面はもちろん質感、素材感の面からみても最強だと思います!
素材感はおしゃれな空間の最も重要な要素だと思います。