イベント・見楽会 資料請求
Columns
お家創りコラム
ホームお家創りコラム家族の人数に合った土地探しのコツとは?

家族の人数に合った土地探しのコツとは?

お家創りコラム
2019/06/28

 

自分たちに合った土地の大きさってどのくらいだろう?

夫婦で暮らす家、お子様が増えて大人数で暮らす家、2世帯…

家族の人数に合わせた、一番住みやすいお家の大きさってどれくらいなんだろう?

どれくらいのお家をみんな建てているんだろう?

今回は「家族構成に合わせた家・土地の大きさ」についてご紹介致します。

全国の平均床面積は平均は約35~40坪
自分の家族に合わせたお家の大きさは?

都道府県別で全国の平均床面積は128.2㎡(38.7坪)。愛知県は132.7㎡(40.1坪)という結果が出ております。(住宅金融支援機構:2017年度フラット35利用者調査)

ただ、ひと口に坪数といっても、「延べ床面積」と「敷地面積」のどちらでみるかによって意味合いが変わってきます。

延べ床面積:法規上室内とみなされる床面積の広さの合計(家全体の床の面積を合算します。 <例>1階+2階=延床面積)

敷地面積:住宅を建てる土地そのものの全体の大きさ。家が実際に建つ場所以外も含む。

40坪程度までの規模の注文住宅であれば延べ床面積でも敷地面積でも家の大きさが大幅に変化することはありません。

計算苦手な方にオススメ!部屋数でわかるお家の坪数の調べ方

一般的に「一戸建の間取りは平均して4LDK~5LDKで建てられています。

4LDKや5LDKでも、総合展示場で見学できるモデルハウスがとても大きく感じる理由は
土地自体が大きく、一部屋ずつの大きさを通常よりも大きくしているからです。

モデルハウスの空間をみて、「すごくいい!」と思っても、
いざ建てた時に「思ってたよりも小さく/狭く感じる…」と感じる人が多いのはそれが原因だったりします。

35~40坪の土地の大きさでも間取りの考え方によって40坪以上に広く感じるお家をつくりあげることが可能です。

TAKUHOのモデルハウス「MAISON de REVE」は延床面積137.18㎡(41.49坪)5LDK でつくられています。

実際の平均的な坪数で建てているので、リアルな大きさであることと、41坪の中で、空間閉鎖をなくしたり、天井高が通常より高かったりと
間取りの考え方を工夫することにより実際の坪数よりも広く感じる空間になっております。

ちょうどいい大きさのお家で家族が快適に過ごす空間を作るために、最適な土地を探しましよう

家は広すぎても狭すぎても実際に生活してみないとわからない「こうすればよかった!」がたくさん出てきます。

「家族の人数・暮らしに合った広さ」を考えて家を建てると、より一層「暮らしやすい家」に近づきます。

自分達の暮らしに合ったお家を作るにはまず「自分達がどう住みたいか」「間取りで絶対に譲れない部分はなにか」などを家族と話合い、
ある程度自分の中で決まった状態で土地探しを行ったほうが「自分達らしいお家」に一歩近づきます。

「理想の間取り」や、「自分が本当に希望する土地の特徴がわからない…」というお悩みを持たれている方は、
周りのすでにお家を建てている方や、実際のお客様の生活が建てた後に快適に過ごせるように、
親身になって相談してくれる営業の方のお話を聞いて、「自分達らしいお家づくりを目指しましょう!」

関連コンテンツ

やっぱり好き!アーリーアメリカンの家 梅雨のジメジメした時期はフレグランスの香りに癒されましょう インテリアコーディネーターが教える〝幸せおうち時間″のつくり方 住宅取得に頭金は必要か パリとプロヴァンスの建物の違いって? 新生活は新しい食器で迎えましょう♪ 消費税10%後の住宅取得のメリット 壁紙選びは楽しまなきゃもったいない! ちょっと先取り、春に向けてのフラワーベースコーディネート
最新のイベント・見楽会、
資料請求はこちらから

Contact

0120-360-461営業時間:9:00〜18:00(水・木曜定休日)
NEWS