お家創りを進める前に知ってほしい、お家に関する用語や、ご質問の多い内容をご紹介します。

工務店とは?

設計から施工・アフターフォローまでを一貫して行う営業範囲の狭い住宅建設会社のこと

木工職人や左官職人など複数の専門工事業者をマネジメントし、工事全体を管理しています。地域に密着して営業している場合が多いので、何かあればすぐに飛んできてくれるフットワークの軽さや対応の細やかさがあります。設計段階はもちろん、施工中でもじっくり相談することができ、必要であれば施工途中でのプラン変更に応えてくれる工務店もあります。また、広告費などの営業経費をかけていない分品質の高く、素材を本物で、家を建てられる可能性が高いことも魅力です。
ただし、個々のハウスメーカーが持つオリジナルの部材や最新技術は使えない場合が多く、ハウスメーカーに比べて工期が長い傾向もあります。

ハウスメーカーとは?

国内全域又は広範囲な規模で展開している住宅建設会社のこと

設計の段階でやり取りするのは営業マンですが、実際の施工はメーカーと契約している地元の工務店が行います。住宅部材の多くを工場で一括生産しているため、一定の品質が保たれており、各メーカーが持つ最新技術や独自の部材を活用して短い工期で家を建てることも可能です。スケールの大きさゆえの知名度の高さや倒産リスクの少なさにただし、広告費などの営業経費が大きいため、工務店に比べて住宅価格は高い傾向があります。
また、住宅商品が標準化・企画化されているので、注文住宅であっても間取りなどが制限される場合があります。設計と施工が別なので、施工の途中でプラン変更することはかなり難しいでしょう。また、注文住宅とはいえ選択できるクロスや色なども極めて少ないです。
それは効率、生産性を重視しないとならない規模の大きさ故のデメリットもあります。

工務店とハウスメーカーって何が違うの?

工務店とハウスメーカーの違いは主に、「事業展する規模の違い」と「業務体系の違い」の2つです!

事業規模が小さく地域に密着した事業を行っている工務店は、設計から施工、アフターフォローまで全てに責任を持ち、その対応は全ての工程において一貫しています。つまり、お客様と一緒に“良い家づくりをする”のが工務店だとお考え下さい。
これに対し、全国規模で事業展開し、標準化・企画化した家を販売するのが基本のハウスメーカーは、設計と施工、アフターフォローを別々に考えることで、効率的な仕事を行っています。
つまり、そのスケールメリットを生かしてつくった“良い家を売る”のがハウスメーカーだとイメージしていただくと良いと思います。

家をつくるということは?

家をつくるということは、これからの人生、どう生きていくのか?を決めること

大袈裟だとお感じになるかもしれませんが、ちょっと考えてみてください。あなたが人生を振り返るとき、リビングで家族と交わした会話やダイニングでの食事、ベッドルームで過ごした時間など、そこにはいくつもの家の風景がありませんか?
家はあなたの日々の暮らしに影響し、日々の暮らしは習慣をつくり、習慣が重なって人生になります。
「家づくりがこれからの人生を決める」と言っても決して大袈裟ではないのです。

家づくりで大切な事は?

家づくりで一番大切な事は、ひとつひとつ納得して先に進むこと

家は大きな買い物で、決断から完成までには長い時間もかかります。
ところが、実際には、営業マンに急かされて契約し、もやもやした気持ちのまま着工するという方が少なくありません。中には、相手は家づくりのプロなのだから……と遠慮して、言いたいことも言えない方までいらっしゃいます。
あなたの大切な家づくりを、そんなふうに進めてしまって良いのでしょうか?もちろん、良いはずありません。
家創りは、ひとつひとつ納得しながら先に進むことが大切です。

「家は3回建てないと満足しない」
そんな言葉がありますが、あなたは家を「3回」も建てますか?

そんな言葉がありますが、あなたは家を「3回」も建てますか?
「折角、大金を支払って家を建てたのに後悔するなんて、そんな家づくりはあってはならない」
我々はそう考えています。
そうならないためにも家づくりに失敗しないためのお役立ち情報の発信が必要だと考えております。
関心の高い、土地の選び方、間取りの考え方、お金&時期等のテーマで、しっかり勉強・検討頂く機会を無料で受けて頂ける「家ゼミ」を定期的に開催しております。是非ご参加ください(強引な営業は一切致しませんのでご安心下さい♪)

後悔しない家づくりとは?

後悔しない家づくりとは、疑問を残さない家づくりです。

住宅業界は日々進化しており、私たちも常に勉強しています。しかし、家づくりをするお客様にとっては、初めてのことや、よくわからないこともたくさんあるはずです。
ですから、家づくりの途中で何か疑問が出てきた際には、その都度尋ねて解消することが大切です。そうすれば、たとえ家づくりの希望をすべて叶えられなかったとしても、完成した家に対して疑問や不満が残らず、こんなはずじゃなかったと後悔することもありません。

名古屋の工務店とは?

名古屋で工務店を選ぶ時のポイント!
名古屋という土地の特色を知ることも大切です。

例えば、あなたは“名古屋の気候”についてお考えになったことがあるでしょうか?
ご存知の通り、名古屋の夏は蒸し暑く、平均湿度は70%を超えることも少なくありません。逆に、冬には「伊吹おろし」という冷たい季節風が吹きつけます。

伊吹おろしとは?

濃尾平野から渥美半島にかけての地域において、冬季に北西の方角から吹く季節風
若狭湾~琵琶湖付近で降雪や曇天をもたらし、関ヶ原を越えるころには乾いた冷たい風となって濃尾平野に吹き込む風

そんな寒暖差の激しい名古屋で家を建て、快適に暮らそうと考えるなら、こうした名古屋の気候を考慮した家づくりが欠かせません。
たとえば、壁に珪藻土のような自然素材を使った家は、断熱効果に大変優れ、吸放湿性も良いため、部屋のジメジメや乾燥を防ぎ、室内の温度が一定に保たれやすくなります。しかも、実は、安価だと思われているビニールクロスとそれほど変わらない価格で施工することができます。あなたが検討している名古屋の工務店は、こうした情報をきちんと伝えているでしょうか?
また、いつ起きてもおかしくないと囁かれている南海トラフ地震が起きれば、名古屋では約半分が震度6弱、もう半分が震度6強もの強震に見舞われると予想されています。
当然、名古屋の工務店探しでは、耐震性の高い丈夫な家づくりをしているかどうか?も重要なポイントになります。

して、その工務店が丈夫な家づくりをしているかどうかを見極めるためには、実際の建築現場に足を運んでみるのが一番です。

つまり…

①施工中の現場をOPENにしているかどうか

工事着工後施工中でも柔軟に対応できるかどうか

上記の2つのポイントはとても大切です。

①、②を満たしている工務店は、自社の家づくりや自社の家の丈夫さに自信がある工務店とお考えいただけます。
合わせて大工さんが生き生きと仕事をしているかどうかや、見学される方に対して丁寧な対応をしているかどうかをチェックしてください。
また、良い工務店の現場はたいてい、整理整頓が行き届いていて、ゴミなどもなく綺麗に保たれています。
県外の方には時々、「名古屋人はケチで現実的」などと言われますが、これはつまり、堅実で、実利性に富んでいるということです。

名古屋の方は、工務店選びにおいても、イメージだけの広告文句には騙されず、自分の目でしっかりと良い工務店を見極める厳しさがあります。
また、リスクを避けた手堅い選択を好む名古屋の方は、家が建ったらそれで終わりではなく、アフターフォローはどうなっているかを確認することも忘れません。厳しい目を持つ名古屋で選ばれる名古屋の工務店は、全国的にも良い工務店だと言えるでしょう。