コラムも5回目。今回でいったん終わりになります。
家を建てようと思ってみても、何から始めればいいの?何が正しいの?
保証は会社によって違うの?それとも、義務化?色々情報がありすぎて、わからなくなってしまう事もたくさんあると思います。
一つ一つ疑問に感じた事などを解決してくれる安心できる工務店を見つけていただきたいと
思っております。
拓穂工務店のコラムもどなたかのお役に立てたらと思っております。

「防水・構造躯体保証」

前回に引き続き保証ってなんだろう?という事ですが、
「防水・構造躯体保証」って大切ですよね。

見えないところだからこそ安心できる保証を選びたいですよね!

防水保証に関しては、「防水工事保証制度」というものがあり、建築建物の防水工事をした場合は、「元請けの会社」と「防水工事を施工した会社」と「防水層の材料メーカー」の3社が保証するようになっている、というものです。防水工事にも、色々な方法があり、耐用年数なども違うので、保証は大切ですが、どのような工法で防水工事が行われているのかも知識として大切だと思います。

そして、構造躯体ですが、「品確法」によって義務づけられた10年間の瑕疵担保期間があります。10年以降各社どこまで保証するのかはそれぞれです。年数だけで判断するのではなく、
きちんと年数に対して、どこまで保証してくれるのか。無償は基本的に瑕疵保険の10年間になります。保証されているから安心!ではなく、どこまで無償か、有償はどんな時か細かいようですが、いざとなったときの為に安心を得るためには大切な知識だと思います。

「シロアリ保証」

次に「シロアリ保証」についてです。
大切なお家がシロアリで被害にあったら大変ですよね。
大切なお家を守るためにもシロアリ保証の期間など大切になってくると思います。
シロアリ保証には、5年と10年があります。シロアリの業者によって保証制度、保証期間など異なりますので、契約前にきちんとどの業者が入るのか、保証期間は?保証内容は?もしシロアリ再発したらどこに相談したらいいのか?など確認することをお勧め致します。
シロアリは再発することも0%ではありません。もしも・・・・の為に、納得のいく保証期間や保証内容でご契約を結ぶ事をおすすめ致します。

まとめ

家は、完成したら終わりではなく、住んでからが本当の付き合いのはじまりでもあります。
定期点検やちょっと不具合など気軽になんでも相談できる会社との信頼関係こそ今後の自分たちにとっても強みになると思います。
会社が長く存続していくのは、完成後のお客様との繋がりや信頼関係があるからこそです。
信頼できる会社を選ぶ事によって、不安な事やわからない事を相談し、信頼関係を気づいていけるのが、家を建てるだけではなく、人と人とのつながりだと思っております。

自分たちの納得のいく安心して任せられる長く付き合っていける環境がある会社を選ぶ事が
大切です。