コーディネーターの仕事は「なんかいいな」をつくること

「自分が好きじゃないテイストのお家をコーディネートするのって大変じゃないですか」コーディネーターの仕事をしていると、お客様によく聞かれる質問があります。
確かに。私がお客様でも疑問に思う気がします。

答えは、「大変です!」笑

でも、「自分が好きじゃないテイストのお家をコーディネートする」のが大変なのではなく、どんなテイストでも「なんかいいな」と思える空間にコーディネートすることが大変なんです。
そして楽しいです。

「なんかいいな」はどのテイストにも存在します。

なのでテイスト関係なく「なんかいいな」と思うインテリアをお客様と一緒に目指してコーディネートしている感じです。

あーでもない、こーでもない…

この先一体どうなってしまうんだろう。本当に終わるのかな。
打合せ中、こんな気持ちになることは一切ないと言ったら嘘になります。笑
それくらいベストを探り、打ち合わせを重ねることもあります。

上記とかぶりますが、大変だけど楽しいです。それはお客様ともスタッフとも、「お家が好き」という共通点があるからだと思います。
気の合う友人と飲みに行って、共通の話題で語り飲みする時って楽しいですよね。それに近い感覚です。

そして乗りに乗ってきたとき、突然ベストが現れるなんて時も結構あります!!!大切なのはお客様との信頼関係。
信頼関係がないと、言いたいことを言い合える打合わせは不可能です。そして言いたいことを言い合えないと、いいアイデアは生まれません。これから「なんかいいな」と思えるインテリアの具体的なポイントやコツを今までの作品集を交えながらこの場所でお伝えできたらいいなと思っています!

楽しみにしていてくださいね!